電話相談
> >

借金をしてアパートを建築すると相続税が安くなるというのは本当ですか?

(東京都世田谷区在住N様)
よく敷地内に借金をして賃貸アパートを建築し、不動産経営をすると相続税が安くなるというのは本当なのでしょうか?

それとも既存の賃貸物件を購入した方がいいのでしょうか?
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

これは、ハウスメーカーの営業の常套句ですが、『敷地内に賃貸アパートを建築』にすることは、土地の評価を下げることになりますが、『借金』をすることは必要条件ではありません。

『借金』をするということは、『債務』になりますので、『相続財産』(プラスの財産)から『負債』(マイナスの財産)を控除するという意味で、相続財産を減らすことが出来ますが、あくまで土地の評価を下げることを考えた場合、『借金』をすること自体が、土地の評価を下げることに関係がないということです。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら