電話相談
> >

先日父が他界しました。

(東京都大田区在住T様)
先日父が他界しました。

相続人は母と私と弟になります。

遺産は東京都豊島区にある土地(評価額3億)と株式3000万、預貯金5000万です。

父は生前公正証書による遺言を残しており、私に株式と預貯金を残りを母と弟に与える旨の内容でした。

しかし、遺言書の内容と異なる協議書を作成し、母が土地を私が預貯金を弟が株式を取得することにしました。

この場合はどのように申告をすればよろしいでしょうか?
小林 奈緒税理士の回答

(小林奈緒税理士事務所代表)

遺言は被相続人の遺志ですので尊重すべきではありますが、ご質問のとおり、事情等によっては相続人全員の合意により遺言とは違う形で遺産分割が行われることがあります。

この場合の相続税申告は、遺言ではなく遺産分割協議書をもとに行います。

ですので、お父様の財産・債務などから全体の相続税額を計算した上で、遺産分割協議書の内容に沿って相続人お一人お一人の相続税負担額を算出し申告します。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[5月の放送日] 

次回放送予定

5月30日(木) 16:15~16:45

「炎上の背景から何が見えるか?」

[ゲスト] 真鍋厚(フリーライター)

→視聴方法、過去放送分はこちら