電話相談
> >

先日交通事故で亡くなりました。

(神奈川県川崎市宮前区在住F様)
10年間一緒に住んでいる男性が、先日交通事故で亡くなりました。

私はその男性の内縁の妻です。

その男性には相続人がいなく、都内にビルを所有しているので、私は特別縁故者として相続財産の分与の申し立てを行いたいと考えております。

どのようにしたら良いか教えて下さい。
添田 樹一弁護士の回答

(川崎つばさ法律事務所代表)

まずは本当に相続人がいないのかをしっかり調べましょう。

その上で、相続人がおらず、内縁関係の妻が特別縁故者として相続財産の分与を申し立てる場合には以下の手続を行う必要があります。

1. 家庭裁判所に対し、相続財産管理人を選任するよう申立ます。申立ての際、予納金が必要です。予納金の額は、事案によって異なりますが、通常50万円~100万円くらいです。 遺産の中に、その程度の預金があれば、予納金は不要です。

2. 家庭裁判所が、相続財産管理人を選任し、公告します。

3. 公告後2か月以内に相続人が現れない場合は、財産管理人は、相続債権者や受遺者に対して、2か月以上の期間を定め、請求するよう公告します。

4.この清算のあと、まだ財産が残っていれば、家庭裁判所は、もう一度、6か月以上の期間を定めて公告し、相続人の出現を待ちます。この期間が経過すると、相続人、受遺者の権利は失効します。

5. 前項の期間満了後3か月以内に、「特別縁故者」からの請求によって、家庭裁判所は、その者に対して相続財産の全部または一部を与えることができます(民法958条の3)。

特別縁故者とは、次の者を言います。

①被相続人と生計を同じくしていた者

②被相続人の療養看護に努めた者

③その他被相続人と特別の縁故があった者

あなたの場合、特別縁故者に該当する可能性がありますので、相続財産の分与を受けるには、上記のような手続を行う必要があります。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら