電話相談
> >

兄が行方不明です

(神奈川県川崎市川崎区在住T様)
亡くなった父の相続人(母&子3人)の内、子1人(兄)が音信不通の為、相談させてください。

14年程前から、兄の仕事と電話番号は不明です。

住民票の住所は変更がないので、何度か尋ねたり、手紙を出しましたが、連絡はありません。

14年程前の手紙では、「知人宅で寝泊まりして仕事をしている為、部屋にほとんど居ない」旨のハガキを親は受け取っています。

去年、電気メーターは止まっていたので、もうここでは暮らしていないようですが、去年、偶然、その部屋の郵便受けに兄宛ての携帯の請求書があったので、電話してみました。

やっと繋がったところ、最初は本人だと名乗っていましたが、状況説明をすると、兄の知人だと言い出し、切られました。

事件に巻き込まれている可能性を感じ、去年、警察にも相談をしましたが、本人の意志で隠れているのだろうという扱いで終わりました。打つ手を思いつかず、今年、失踪宣告をしたところ、「H24年に住民票の住所で免許更新している」と言われました。

今年、父が亡くなり、兄の件をどうしていいか分からず、役所で相談後、弁護士にも電話相談しました。

その弁護士に内容証明(配達記録)を出す様に助言され、書留を出しましたが、「不在で配達できず」で戻ってきました。

それを弁護士に伝えると、不在者財産管理人をたてるにも、不在の証拠が必要だから、「後は、自分で聞き込み調査をするか、探偵を雇って調査して」と言われました。

兄は、そこに住んでいないので、探偵を雇うとかなりの長期間になり、料金も数百万になるのではないかと思うと、探偵に頼む気になれません。

また、去年、大家を探しましたが、去年、大家が死去したらしく、大家に会えませんでした。

今年、再度、その後の新しい大家を探してみますが、それ以外に他に私がとれる方法を教えてください。
添田 樹一弁護士の回答

(川崎つばさ法律事務所代表)

相談の内容をみると、どうやらお兄様は、「生きてはいるが、連絡は望んでいない」という状況のようですね。

しかも、内容証明に「不在で配達できず」(宛所に尋ねあたらない、となっていない)、電話の請求書がきているということは、この住所にまだ住んでいる可能性が高いといえるでしょう。

そうすると、「不在者」とはいえなさそうですので、「不在者財産管理人」を選任するのは難しそうです。

お父様の相続について、遺産分割を行いたい場合、場合によっては、そこに住んでいることを前提に遺産分割調停や訴訟を提起してしまうことにしたほうがよいかもしれません。

お兄さんも、裁判所から書面がくれば、反応を示すかもしれませんし、公示送達という方法で送達する方法もあります。

※公示送達=相手方を知ることができない場合や、相手方の住所・居所がわからない人、相手方が海外に住んでいてその文書の交付の証明が取れないときなどに、法的に*送達*したものとする手続きのこと。

また、お父様の遺産が不動産ではなく預貯金だけという場合、あなたの法定相続分のみを金融機関に請求することが可能です。

不動産の場合には、共有物分割訴訟を提起するなど、他の方法もありますので、一度是非ご相談下さい。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら