電話相談
> >

癌が見つかり今後のことを考えると不安なことばかりです。

(東京都豊島区在住N様)
豊島区千早でアパートを5棟所有しているものです。

最近体の調子が良くなかったので病院へ検査に行きました。

検査結果では癌が見つかったのですが、早期発見の為大事には至りませんでしたが今後のことを考えると不安なことばかりです。

アパート経営で現在暮らしておりますが、売却などして整理をしようかなど悩んでおります。

若くして妻には先立たれ子供・親兄弟もいない私ですが、私が亡くなった場合の相続関係はどのようになりますか?

手続きをしてくれる人がいないので、今のうちに準備をしておいたほうが良いのではと最近考え始めました。

アドバイス宜しくお願いします。
添田 樹一弁護士の回答

(川崎つばさ法律事務所代表)

子供、配偶者、親、兄弟がいないということですので、あなたの法定相続人はだれもいないということになりそうです。

この場合、最終的にはあなたの財産は国庫、つまり国に帰属します。

このような状況を避けるためには、遺言を書いて、誰かに財産を渡すことを生きている間に表明しておかなければなりません。

また、手続については、その遺言で「遺言執行者」というのを指定すれば、その執行者が手続を行うことになります。

ですので、まずは誰に何を渡すかを決め、それを「遺言」という形で残しておくことが必要です。

遺言の形式としては、公正証書遺言の形がおすすめですが、何をどう始めていいか分からないという場合、まずは弁護士に相談してみて下さい
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら