電話相談
> >

共有物分割訴訟を起こされたら、裁判所から強制的に売却されるんでしょうか?

(神奈川県川崎市宮前区在住F様)
昨年、父が亡くなり、遺産の話でもめています。

私は父の思い出が沢山ある家を守っていきたいんですが、弟が裁判を起こす、競売にかける、すごく安い価格になる、などを一方的に言ってきます。

こうなったら売るしかないんでしょうか?

困っています。

うちは年明け早々に弟に裁判を起こされたとしたらどの位の期間で競売になってしまうんでしょうか?

父が亡くなって兄弟関係がこうも破たんするとは夢にも思いませんでした。
高木 優一宅地建物取引士の回答

(株式会社トータルエージェント代表取締役)

まず、亡くなったお父様名義のご実家があって、お父様の相続人があなたと弟さんという前提で、弟さんが、いきなり裁判を起こして競売にかけるという手続きは通常できません。

まずは、遺産分割調停を起こして、家庭裁判所で話し合いをすることになるでしょう。

その調停が成立しなかった場合には、遺産分割審判に移行し、最終的には家庭裁判所が審判をすることになります。

その審判で競売が命じられることがあります。

この競売を命じる審判書をもって競売を申立てるということになります。

仮に弟さんが年明け早々に遺産分割調停を申し立てたとしても、その後審判等を経て、数か月で競売になるということはないでしょうが、相続人間で歩み寄りがなく、争い続ければ、手続き上いずれは競売になるかもしれません。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら