電話相談
> >

共有物分割訴訟をしているのに相手方が、もう一人の共有者に売った場合はどうなるのでしょうか。

(神奈川県川崎市川崎区在住Y様)
二年前に三名で相続した不動産があります。

相続問題はまだ片付いておらず現在も兄弟間でもめており、最近相手方に少し動きがありました。

実は共有物分割訴訟をしているのに相手方が、もう一人の共有者に持ち分を売ろうとしているのです。

こういった場合はどうなるのでしょうか?

売りそうな行動を阻止することはできますか?

もし持ち分の売却阻止が出来るのであればどうすればいいのか教えてください。
添田 樹一弁護士の回答

(川崎つばさ法律事務所代表)

ご相談ありがとうございます。

3名で相続したということは、1人あたりの持分が3分の1ということでよろしいでしょうか。

その前提で話を進めますね。

結論から言いますと、持分売却を法的に阻止する方法はないのが現状です。

不動産を含む財産は、基本的に所有者が自由に処分できるのが原則です(難しい言葉で言うと「私有財産制」といいます)。

共有持分も、私有財産ですから、相手方が自由に処分できます。

ただ、今回のケースであれば、既に訴訟になっていますので、共有者が1人減ることは悪いことではないと思います。

当事者が1人減るわけですから、訴訟の負担はその分軽くなるといえるでしょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月27日(木) 16:15~16:45

「退職代行業務の現状」

[ゲスト] 小澤亜季子(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら