電話相談
> >

どうすれば仲良く相続を迎えられるのでしょうか?

(神奈川県川崎市川崎区在住M様)
私は2つの土地を借りてその上に家を所有しています。それぞれの家は私の名義ですが、住んでいるのは長男、二男、それぞれの家族です。

子供に余計は手間をかけさせたくないので、遺言書をつくりたいと思っておりますが、子供達に相談したら、長男と二男で借地について意見が割れているようです。

1人は土地は借り続ければよい、もう一方は底地を買ってほしい。

どうすれば仲良く相続を迎えられるのでしょうか?
菱田 陽介司法書士の回答

(菱田司法書士事務所副所長)

遺言書は遺言をする方の最終意思ですので、大事なのは遺言書を作る方が、ご自身の財産をどうしたいのか?が重要です。

また、遺言書の内容を事前に相続人になる方に相談するのもおすすめできません。

そうすると、子供同士での遺言書争奪戦が始まってしまうおそれがあります。

財産は力ですから、力を持っている方が自分の財産の行く末をしっかり仕切ることにより相続に関する紛争も抑えられると感じます。これは遺言書の大きな効果す。

借地のままでいいという主張は、恐らく遺産としては現金や預貯金などの流動資産が好ましいとお考えなのでしょう。

土地をあくまでも所有したいという主張は、土地にこだわりがあるか、土地を利用したいお考えがあるのかもしれませんね。

ただ、地主さんが土地を売ってくれるかどうかによりますので、土地を取得できるかは確かではありません。

一般的には不動産は分割しづらく、預貯金や株式に比べて流動性も下がるので不動産よりも預貯金などを多く遺す方が、紛争リスクは下がります。

お金があれば自分で不動産も購入できますね。

すでに相続人となる者同士で意見が割れているなら、あなたの財産をしっかり開示してみんなが納得する案を考えていくしかありません。

ただ、お子様の奥様等、血縁や権利関係の無い方々の参加は認めないでください。

当事者が多ければ意見は揃いにくくなりますし、必ず感情の衝突が起きます。

あなた様がお元気な時にしっかりお話合いをしてください。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月21日(木) 16:15~16:45

「火災でなくても火災保険会社から保険金が頂ける?」

[ゲスト] 三谷豊実

→視聴方法、過去放送分はこちら