電話相談
> >

亡くなった夫に,前妻との間の子どもがいた!

(神奈川県川崎市宮前区在住N様)
私の夫は昨年亡くなり,自宅とわずかばかりの預貯金が残りました。

一人暮らしは心配なので自宅を引き払い息子のところに世話になることになったのですが,いざ自宅を売ろうとしたところ,夫に前妻との間の子どもがいたことが判明しました。

夫がバツイチなのは知っていましたが,子どもがいたことは聞かされていませんでした。

当然どこに住んでいるのかもわからず,連絡のとりようもありません。

自宅を売却したいのですが,どうしたらよいのでしょうか。
本間 正俊弁護士の回答

(多摩区役所前法律事務所代表)

不動産を売却する際には,登記名義を移しますので,戸籍をたどって相続関係を確認します。

その際に,ご存知なかった親族関係が判明することがあります。

驚かれたと思いますが,順を追って手続をしていけば,いずれご自宅の売却も可能です。

亡くなったご主人の法定相続人は,奥様とお子さん達です。

今回判明した前妻さんのとの間の子どもも,ご主人にとっては子ですから,息子さんと並んで相続人となります。

法定相続分は,奥様が2分の1,前妻の子さんと息子さんはそれぞれ4分の1ずつとなります。

ご自宅の名義はご主人のままでも,権利関係としては,現在この法定相続分の割合でお三方の共有となっています。ですので,このまま売却するには,お三方の署名捺印が必要になってきます。

売却時の手間を省くためには,法定相続人全員の間で遺産分割協議を行って財産の帰属を決める必要があります。

なお,法定相続人の中に相続放棄をした人がいればその人は相続人ではなくなりますので,残った相続人の間で遺産分割協議を行います。

いずれの場合も,まずは相続人に連絡をとる必要がありますが,その際戸籍が役に立ちます。親族関係を証明する戸籍には附票があり,そこに住民票上の住所地が記載されています。

ですので,戸籍から現住所を追うことで連絡をとることが可能です。

弁護士は依頼を受けた事件を処理するのに必要な範囲で,職務上請求によって戸籍や住民票をとることができますので,ご相談ください。

ご相談の事案の場合,まずは戸籍を追って前妻の子さんの住所地を調べ,その住所地に連絡をとり,まずは相続放棄の意思があるかを確認し交渉します。

相続放棄は3ヶ月の期間制限がありますが,ご主人が亡くなった事を知らなければ時間は進みませんので,今回の通知で初めて知る事になる前妻の子さんはまだ相続放棄が可能です。

ここで相続放棄に同意してくれれば,息子さんと2人でご自宅を売却可能です。

相続放棄をしてくれなかった場合,遺産分割協議を行って分け方を相談することになりますが,こうしたケースでは金銭で解決する事になりそうです。

何らの返答もくれない場合は,家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てて話し合いの場に引っ張り出すことを検討することになります。

住民票上の住所地におらず,結局行方がわからない場合は,裁判所の手続で不在者財産管理人を選任してもらい,通常弁護士が就任しますので,その弁護士との間で調停等を行うことになります。

生死が不明といった事情がある場合には,失踪宣告の制度を利用することもできるかもしれません。

以上のような手続を面倒にお感じになるかもしれません。

しかし,さらに時間を置いてしまって下の世代に持ち越しになると,より調査は困難になり,紛争も激化することが予想されます。

ご依頼いただければ,すべての手続を代理人弁護士が行うことができますので,まずはご相談ください。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月21日(木) 16:15~16:45

「火災でなくても火災保険会社から保険金が頂ける?」

[ゲスト] 三谷豊実

→視聴方法、過去放送分はこちら