電話相談
> >

印鑑証明書について質問があります。

(東京都渋谷区在住U様)
アメリカに住んでいる日本人の方は、実印を登録しているのでしょうか?

実印と印鑑証明書がないと遺産分割もできないですよね?
豊田 則幸司法書士の回答

(あおば司法書士事務所 総括代表)

アメリカには国内のような印鑑登録制度がないので、印鑑証明書は取得できません。

その代わりに、「署名及び拇印証明」の制度があります。

例えば、私が作成した、遺産分割協議書を最寄りの日本領事館にご持参頂き、職員の前で、署名し、実印を押す欄に拇印を押して頂きます。

そして、「面前で署名・拇印を押したことの証明書」を、持参した遺産分割協議書にホチキス止めしてもらい、領事の割印をもらえば大丈夫です。

遺産分割協議書が複数枚になる場合は、ページの間に割印の代わりに「割サイン及び割拇印」をしてもらっています。

また、押印書類が手元に無い場合は、領事館の用意する紙に、署名し、拇印を押して、署名・拇印証明書として印鑑証明書の代わりに使うことも可能です。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら