電話相談
> >

信託銀行の執行費用が高くてやめたいのですが・・・

(東京都世田谷区在住E様)
父が遺言信託で遺言書を作った後、亡くなりました。

執行費用がとても高いので止めたいのですが、遺言書に書かれているので辞められないと信託銀行に言われているのですが本当ですか?
門脇 紀彦司法書士の回答

(相続法務成城事務所 代表)

「遺言信託」で公正証書遺言を作成後、遺言者が亡くなった場合、遺言書に書かれた内容で手続きをすることが原則となります。

執行者に信託銀行が設定されているケースが多いと思いますので、信託銀行所定の執行費用がかかることになります。

この場合、相続人の全員の同意が得られれば、遺言の内容ではなく、別途相続人間で遺産分割協議をし、遺産の分割をすることはできます。

そうすると遺言書に基づく執行は必要なくなります。

しかし、相続人間で遺言の内容についての意見が相違する場合、遺言書が第一義的に有効になりますので遺言書に基づいた執行をすることが必要になります。

この執行者に執行を任せたくない場合、法的には二つの手続きがあります。

一つは裁判所に執行者を解任してもらう方法、もう一つは執行者に辞任をしてもらう方法です。

まず一番目の方法は、裁判所に執行者を解任してもらう方法ですが、解任するためには、執行者が仕事をしていない場合など不適任の理由が必要です。

信託銀行がやる気満々できっちりやろうとしている限り、解任は難しいです。

2つ目は執行者である信託銀行が自ら任を降りてもらう必要がありますので、信託銀行次第になってしまいます。

信託銀行はできれば執行をしたいので、なかなか辞任はしてくれませんが、専門家を通して話をするなど粘り強く交渉をすることによって、降りてもらうこともできます。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[7月の放送日] 

次回放送予定

7月18日(木) 16:15~16:45

「最新の防犯カメラについて」

[ゲスト] 狩野刀根男(株式会社ユニティー)

→視聴方法、過去放送分はこちら