電話相談
> >

相続時精算課税について質問です

(東京都世田谷区在住R様)
相続税清算課税を利用して住宅を贈与する場合の効果的な方法を教えて下さい。
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

中古物件で償却できる部分がない場合、親がリフォームを完了させてから贈与することが効果的です。

こうすれば親の相続財産が減少するだけでなく、建物の収益が上昇します。

リフォームぐらいでは固定資産税評価額は上がらないという事がポイントです。

贈与したい物件にまだローン残がある場合は通常売買とみなされ通常の取引価額からローン残高を差し引いた金額が贈与されたとみなされます。

このケースでは親の譲渡収入、子に贈与税が課税されます。

したがって借入残がある物件は返済をしてから贈与することが望ましいです。

ご理解頂けましたか?

もし分からないことがあればお気軽にご相談下さい。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら