電話相談
> >

借地権について質問です。

(東京都大田区在住N様)
父は期間20年の契約で借地権を持っています。

地代と更新料を払っています。

契約は旧借地借家法です。

借地の上には、20年前に亡くなった祖父と父が半々の共有名義の家が建っています。

築60年の壊れそうな家です。

■旧借地借家法では、
「期間の定めのある契約の場合、借地権の土地の上の家がなくなっても、借地権はなくならない。」とあります。

これに基づけば、家の存続と借地権の継続は関係ないことになり、家の価値と借地権の価値は、別々に考えれば良いことになります。

この度、借地権と家を売るのですが、祖父の財産分を父の兄弟に分けなければなりません。

例えば、借地権が5000万円 建物が100万円で、売れるとした場合、祖父の相続財産は、「建物の半分の50万円のみ」と考えて良いのでしょうか?

よろしくお願い致します。
借地
稲葉 治久弁護士の回答

(稲葉法律事務所)

祖父の方は借地権をもっていないということであれば、祖父の方の相続財産は家屋のみとなり、その2分の1が祖父の方の相続対象財産になるかと思います。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[8月の放送日] 2(木)、9(木)、16(木)、23(木)、30(木)

次回放送予定

8月23日(木) 16:15~16:45

「オレオレ詐欺の最新事情」

[ゲスト] 本間正俊(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら