電話相談
> >

婚約破棄による土地の原状回復について

(福井県在住I様)
父の名義である土地に新居を建てるため、1月にハウスメーカーと契約し、4月16日(月)に建方がありました。

建方の前日のケンカがきっかけで4月21日(土)に彼から婚約破棄の申し出がありました。

こちらが説得してもやっていく自信がないの一点張りで話し合いにもなりません。こちらが諦めるしかありませんでした。式場はキャンセル済み・婚約指輪も返却済みです。

住宅ローンの負担については主たる債務者が彼、連帯債務者は私、私の父の名義の土地のため連帯保証人は父です。

彼は住宅ローンは負担するとその時は言ったものの彼の両親が出てきて私も負担するべきのこと、完成したら売却すればすればいいとも言っているようです。謝罪は彼側から一切ありません。相手があっての結果という認識のようです。(ハウスメーカーが間に入っているため又聞きです)

こちらとしては実家の真後ろに新居を建てたので毎日出来上がるのが目で見えるのも辛いですし、一生新居を見て暮らしていくのかと思うと苦しいです。

住宅ローンの関係がありますので工事の進行はやむを得ず了承しましたが、完成してからでもいいので解体なり建物のみ移築なりして土地の原状回復と住宅ローンの負担を要求したいです。

法律的に難しいということは重々承知の上ですが、どうにかならないでしょうか。
山村 暢彦弁護士の回答

(横浜パートナー法律事務所)

今回、
①建物を建てる土地が、I様のお父様名義

②建物・そのローン自体が、元婚約者とI様との共同名義

③建物は、ほぼ完成に近い、とお聞きしております。

婚約の破棄が動かない以上は、とにかく、ローンと建物の権利関係を一本化しておかないと、

・この家の関係で紛争が延々と続いてしまいますし、

・お父様の名義の「土地」の価値が一気に下落してしまいます。


どういう交渉内容で相手と折り合いをつけられるのかは、どのような不動産の状況(接道など)かや、どの程度の金額帯なのか等々も関わってくるので、現段階で回答案を出すことができませんが、「婚約を不当破棄された」ということを有利な交渉材料として相手と交渉する他ない案件かと思います。

ローンとの絡みで今後の対応も難しいですが、権利関係の整理後は、土地ごと物件を売るという選択肢もありますし、第三者に貸すという選択肢もあり得るかなと感じております。

いずれにせよ、おそらく一般の方同士では、どういう方針で話を進めるべきかどうかも見えてこない案件かと思います。

お近くの弁護士に再度資料をお持ちの上ご相談いただくか、当職のほうでも改めて資料等を踏まえて、有料の電話会議ということであればご相談対応させていただきます。

難しい状況かと思いますが、今動かないと、より事態は悪化してしまうと思います。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[12月の放送日] 6(木)、13(木)、20(木)、27(木)

次回放送予定

12月20日(木) 16:15~16:45

「」

[ゲスト] 

→視聴方法、過去放送分はこちら