電話相談
> >

地主から底地を買い取りたいが、その時注意すべき点を教えて下さい。

(東京都江戸川区在住M様)
55年前に借地し、住宅を建て、約20年前に建て替えて現在住んでおります。

借地料は8年ぐらい前から自動振替としてお互いなんの連絡もなく、現在に至っております。

双方代替わりの頃かと思い売却の話が出た時に、円満に買い取りたいと思います。つきましては、借地期間等を考慮して、土地評価額に対する地主と借地人との世間一般基準割合がありましたら参考にしながら、念頭に置いて話を進めていければと思います。

このようなことには疎いものですのでよろしくご教授お願い致します。
相続借地
本間 正俊弁護士の回答

(多摩区役所前法律事務所代表)

ひとつ参考になるものとして,国税庁が毎年発表している「借地権割合」があります。

国税庁HPの全国の路線価図に借地権割合も記載があり,誰でも無料で閲覧できます。

これは,相続税等の課税の際に,⑴土地と⑵建物とで単純に分けるのではなく,借地上の建物には敷地利用権が付随しているので,土地を借地権割合で底地と敷地利用権とに分け,⑴底地と⑵敷地利用権+建物に分けて考えるためのものです。

あくまでも課税のためのものですので,売買する際にこの割合によるのが必ずしも正当というわけではなく,ひとつの目安にすぎませんが,何も無いと議論も始まりませんのでうまく利用していただければと思います。

そもそも土地の賃貸借は長期に渡ることが多く,貸主と借主との間に継続的な信頼関係があることが大事になります。

ですので,それぞれの事情で交渉の方法や行方は変わっていくこととなります。

当然ですが買主と売主では利害が対立する関係にありますので,交渉の過程でそれまでの円満な関係が一変してしまう可能性はあります。

摩擦を避けるために,詳しい不動産業者に間をとりもってもらうのも合理的ですので,ご一考ください。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[12月の放送日] 

次回放送予定

12月12日(木) 16:15~16:45

「」

[ゲスト] 

→視聴方法、過去放送分はこちら