電話相談
> >

実家が小規模の賃貸住宅を経営しています

(神奈川県横浜市青葉区在住T様)
実家が小規模の賃貸住宅を経営しています。

業態は違うのですが、以前から存続しているの父親のアパレル会社が経営している形を取っています。

不動産自体の所有者は父親個人と会社とわかれているのですが、自分としてはこれらを最終的に相続し、老後の生活費の足しになればと考えています。

私と母と弟の3人が相続人となり、家賃収入を得るのと、会社組織を存続させそこから給与という形で収入を得るのとではどちらが相続時も含めて節税できますでしょうか?

物件自体は古いのですが作りも悪くなく、修繕等もかなり行っています。

ただ10-15年後、最終的には修繕費がかさむようになれば、物件ごともしくは更地にして売却し処分する予定です。

ご教示いただければ幸いです。
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

ご質問、ありがとうございます。

まず、不動産自体の所有者が、個人と法人にわかれているということですが、例えば、建物が個人で、土地が法人名義ということでしょうか?

その辺りがはっきりわからないと、的確なアドバイスができませんが、節税を図るのであれば、全ての不動産を法人所有にしていただき、相続人皆さんがその会社の社員として給与を得る方法が一番いいと思われます。

それを続けていき、売却することも可能です。

その際も、法人所有の方が税務上有利です。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら