電話相談
> >

遺言書は何か法的手続きをとるやり方で作成しないと効力がないのでしょうか?

(東京都新宿区在住K様)
私の所有するマンションを長男に渡したくありません。

私が死んだら現金化して慈善団体へ寄附してほしいのです。

私が勝手に便箋に書いただけでも、効力はありますか?
星川 亮司法書士の回答

(星川合同事務所代表)

便箋に記入した遺言書は「自筆証書遺言」といい法的な方式を守っていれば有効です。

「自筆証書遺言」は文字通り便箋に自筆で記入し日付、署名、捺印をすればいいので作成が簡単です。

長所は、前記のように簡単に誰にも知られずに作成できます。

短所は、方式の不備、内容の不明確などから後日トラブルに発展しやすいことや、偽造隠匿の危険があることです。

また死亡後に家庭裁判所の検認も必要です。

できれば公証人の認証を受ける「公正証書遺言」の手続きをとることをお勧めします。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら