電話相談
> >

借地権を無償で遺言譲渡してくれと言われました。

(神奈川県川崎市高津区在住Y様)
現在、私達は他の場所(川崎市高津区)に住んでおり、借地権のある場所(東京都大田区)には父の兄(私からすると叔父さん)の息子夫婦が住んでいます。

借地権自体は、祖母から受け継いだ父の兄と父での共有名義の借地権です(2分の1)。

8年前の前回の更新料も父は折半して払っております。

その借地権を最近父の遺言でいとこ(兄の息子)に無償移譲するように書いてくれと叔父さんから言われました。

父は気が弱く叔父さんには何も言えない性格です。

父(家族含め)は特にその土地に住む予定はないのですが、無償で甥に譲渡というのは娘である私は納得いきません。

一番良いのは、その息子さん夫婦に借地権を買ってもらうことなのですが、まだお若い・昨今は借地権を買い取りは難しい・おじさんの説得(私はこの人と肌が合わない)・地主さんへの権利移譲の承諾料などの問題が発生すると考えると、どういった対応をすればいいか悩んでいます。

と同時に祖母を最後まで面倒みてくれたのは父の兄だったので、引け目も感じています。

権利はうちの父にもあるので相続する私にお金が入る予定であるわけだしここはハイ分かりましたと簡単に食い下がるわけにはいかないのです。

弁護士の先生教えて下さい。
相続借地
田畑淳弁護士の回答

(弁護士法人アリスト溝の口法律事務所所長)

相談者の方の例によると、この土地の借地権の半分については、お父様が権利を有しています。

借地権は財産権ですから、当然、相続の対象となります。

もちろん、お父様が有している財産を、相続財産として遺贈(ないし相続分を指定)することは誰に対しても自由です。

しかし、遺言は亡くなる方の最後の意思が尊重されるべきですから、まずは本当にお父様がいとこ夫婦に借地権を遺贈したいと思っているのかどうかを確認することが大切です。

相談者様によれば、お父様は気が弱く叔父には何も言えない性格であることから、お父様の本当の意思はいとこ夫婦に無償で遺贈したくないように思えます。

お父様の真意を伺う中で、本当はいとこ夫婦に無償で遺贈したくないのだけれど、叔父とのやり取りの中で意に沿わない遺言を作ってしまった場合には、その効力を覆す必要があります。

遺言はいつでも撤回でき、また新しい遺言を書けば新しいものが必ず優先します。

公正証書遺言などできちんとした遺言を新しく作りましょう。

ただ先後関係が問題になる場合などに備え、遺言の作成の際には弁護士等に相談すべきでしょう。

いずれにせよ大切なことは、お父様の本当の意思については、生前にしっかりと形にしておくことです。

お父様が亡くなられてから「本当は父は遺贈する意思はなかった」と主張しても、客観的な証拠がなければ、真実を確認する方法がなくなってしまい、本意ではなかったとの主張が認められる可能性はとても低い為です。

もし、仮にお父様が本当にいとこ夫婦に借地権を遺贈したいとの意思を持っていた場合であっても、お父様の財産がこの土地の借地権だけであったときには、相談者の方の相続する財産がなくなってしまうことから、遺留分減殺請求権という請求をすることができます。

この遺留分減殺請求権が認められる範囲は遺留分を害する範囲にとどまり、その範囲というのは、民法1028条に規定されています。

遺留分の認められる場合、その割合は法定相続分の1/2ですが、具体的な内容は相続人の数、地位によって異なります。

また、この遺留分減殺請求権という権利は遺言全体を無効にするものではなく、相談者様の遺留分を害する範囲で請求できるだけである点には注意が必要です。

このことからすると、お父様が心からその借地権を譲渡したいと考え、遺言をした場合には、遺留分があれば、その限りで満足しなければならないということになります。

譲渡承諾料・建替承諾料の件については、売却などの際に問題になります。専門的な判断になってきますので、信頼できる不動産業者や法律の専門家に相談しながら進めて頂くことが安全です。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら