電話相談
> >

『後見人』『保佐人』の違いは何ですか?

(神奈川県横浜市西区在住Y様)
基本的な質問ですみません。

『後見人』『保佐人』の違いは何ですか?

現在母が痴呆症気味で将来のことを考えそろそろ兄弟で真剣に話をしなければいけない状態です。

先日兄から保佐だの後見だの言われたのですが、私には全くちんぷんかんぷんで分かりませんでした。

優秀な先生方には簡単な話で申し訳ありませんが、ご質問をさせて頂きます。
山寺雄太行政書士の回答

(山寺行政書士事務所代表)

法定後見制度は、判断能力の程度により、「後見」、「保佐」、「補助」に分かれます。

「後見人」ができない行為は、原則として「日用品の購入に対する同意・取消」、「事実行為(実際に介護等をすること)」、「一身専属権に属する行為(婚姻・離婚、認知、養子縁組、遺言、医療行為の同意等)に関すること」、「保証人となること」、「居住する場所の指定」です。

(裁判所の許可を得ることにより、出来る行為もあります。)

「保佐人」の場合には、それに加えて、「重要な取引行為」以外に関する同意権・取消権はありません。

また、代理権については、代理権そのものがありません。

但し、家庭裁判所に申し立てることにより、「重要な取引行為」以外についての同意権・取消権や代理権についても審判により付与してもらうことができます。

簡単に申し上げますと、「後見」と「保佐」では判断能力に違いがあることにより、「後見人」、「保佐人」のできる行為の範囲が違ってきます。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら