電話相談
> >

成年被後見人が不動産を取得することは可能でしょうか?

(神奈川県横浜市中区在住E様)
私はAさんという方の養子になっています。

Aさんは私の家の遠縁にあたりますが身寄りが無く認知症のため私の実母が成年後見人になっています。

昨年末実父が他界しましたが、父は和菓子店を経営していて私達家族が住んでいる店舗兼用住宅と土地を担保に2500万円ほどの借金がありました。

その他に無担保の借り入れが800万円ほどあるためやむなく遺族全員で相続放棄の手続きをいたしましたが、そうなると当然生まれ育った家や先祖から受け継いだ土地も人手に渡ってしまいます。

そこで養親のAさんに任意売却という形で管財人から土地と家を買ってもらおうと考えているのですが法的には可能でしょうか。

ちなみにAさんには2000万円ほどの定期預金があります。

こういう時はどういう手続きをすればいいのでしょうか?

教えて下さい。
山寺雄太行政書士の回答

(山寺行政書士事務所代表)

成年後見人には、本人の財産を本人のために管理する責任があります。

「通常の生活を営むために必要な出費」であれば問題ないと思いますが、今回ご質問のケースでは、「通常の生活を営むために必要な出費」とは言えないと考えられます。

このような場合には、事前に家庭裁判所の許可を得る必要があります。

但し、「先祖代々受け継いだ土地が人手に渡ってしまう」という後見人側の事情は、本人の利益とは関係ありませんし、土地建物を購入してしまいますと、本人の財産的余力がほとんどなくなってしまうと考えられますので許可を得るのは厳しいと思います。

Aさんが同居されていて家を売ることになると同居が難しくなり、本人にとって不利益になると裁判所が判断すれば可能性はゼロではないかもしれません。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら