電話相談
> >

私の名義の入っていない遺産分割協議書に捺印するよう脅迫されています。

(東京都中野区在住U様)
3年間寝たきり状態だった伯母が昨年末亡くなりました。

87歳でした。

伯母の相続人は私含め4人です。

私の母は既に死亡しているので、私だでけは代襲相続という形なります。

裁判所で開封検認された遺言書は妹が作成したもので、内容は私を除く3人で分割する旨が記載されています。

事前協議など話し合いは全くなく3人で分ける内容の遺産分割協議書に捺印するよう半ば脅迫されています。

「ハンコ代はいくらか払う」と言われたのですが、協議書の最後に私の署名捺印欄を見つけた時には怒りで手が震えました。

代襲相続というだけで差別され署名捺印(印鑑証明添付)という形で渡され、私は全くをもって納得が行きません。

代襲相続人の私も平等に遺産を受け取れますか?

故意に実印を押すことを拒んだ際、私に何かペナルティが発生することはありますか?

初めての経験なので専門家の先生教えて下さい。

どうすればいいのか素人なので全く分かりません。

悩んでいます。
星川 亮司法書士の回答

(星川合同事務所代表)

裁判所にて検認された遺言書があり、内容は貴殿を除いた方々で相続する旨であれば、残念ながら貴殿の相続分はありません。

ご質問のなかに差別とありますが、これは相続人の意思ではなく被相続人である伯母さまの遺志です。

また兄弟間の相続については「遺留分」もありませんので、伯母さまの遺志に従うほかないでしょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[8月の放送日] 

次回放送予定

8月29日(木) 16:15~16:45

「男はこうしてバカを見る」

[ゲスト] 稲葉治久(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら