電話相談
> >

法定相続人とは誰を指すのでしょうか?

(神奈川県横浜市保土ヶ谷区在住M様)
先日、父が亡くなりました。

遺産分割協議をしなければなりません。

ところで、法定相続人とは、誰を指すのでしょうか?

色々親族が多くてよく分かりません。
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

法定相続人は、当然のことながら法律で決められています。

ます、配偶者である母(妻)は、常に相続人となります。

それに加えて、子(あなたや兄弟)がいる場合は、「第1順位」の相続人となります。

母がすでに亡くなっている場合でも同様です。

子がすでに他界している場合は、その孫が代襲相続人として相続できます。

その孫もなくなっている場合は、ひ孫という具合に、何代も代襲が可能です。

「第1順位」の相続人が誰もいない場合、祖父母が「第2順位」の相続人となります。

祖父母が無くなっている場合、孫のように何代も遡ることが可能です。

「第2順位」の相続人もいない場合、伯父、叔母と言った父の兄弟姉妹が、「第3順位」の相続人となります。

その伯父、叔母も他界していない場合、その子である従兄が代襲相続人となります。

しかし、従兄もなくなっている場合は、代襲相続は1代までで、その子は相続人となれません。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら