電話相談
> >

借金も相続財産なのでしょうか?

(東京都豊島区在住M様)
先日、取引のない金融機関から、ある通知が送付されました。

その中身は、身に覚えもない融資の督促状でした。

最初は、最近はやりの詐欺かもしれないと無視していましたが、どうやら本当の様でして。

恐る恐るその金融機関に問い合わせたら、何でも伯父さんの借金ではありませんか。

こんな時、どうすればよろしいですか?
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

これに対応するには、相続放棄という手続きがあります。

今回のケースは、伯父さんの家族全員が相続放棄をしたのです。

そして、祖母も放棄をして、兄弟である母もすでに亡くなっているので、相続権が回ってきたのです。

借金も立派な相続財産です。

相続放棄は、亡くなったことを知ってから3カ月以内に、家庭裁判所に「相続放棄申述書」を申請をしなければありません。

今回のように、自分の両親が借金などの債務がなくても、回り回って襲ってくるケースもあります。

また、連帯保証人になっていることも、よくあることです。

相続財産は、プラスの財産だけではありません。

マイナスの財産もあることを、しっかりと把握しておいてください。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月20日(木) 16:15~16:45

「外国人雇用のススメ」

[ゲスト] 石塚毅(株式会社求人)

→視聴方法、過去放送分はこちら