電話相談
> >

自己破産したので名義書き換え料が払えません

(東京都港区在住C様)
自己破産をしたので、港区内に所在する、敷地が借地権の戸建住宅を売却せざるを得なくなりました。

借地権を売却するにあたっては、売主が地主に名義書換料を払わなければいけないという話しを聞きました。

名義書換料を払えるお金が残ってないのですが、どうすればよいのでしょうか。
西原 崇不動産鑑定士の回答

(株式会社西原不動産鑑定代表取締役)

名義書換料は、売主が負担することが一般的です。

しかし、売主が資力を喪失している場合、買主が名義書換料を負担する必要があります。

このため、借地権の売買価格を、名義書換料の分だけ安くする必要があります。

古家付きの土地の売買の際に、建物の取壊し費用を買主が負担しなければならない場合、その分価格が安くなるのと考え方は同じです。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら