電話相談
> >

遺言に関して教えてほしい

(神奈川県横浜市戸塚区在住T様)
私達夫婦には子供がおらず、互いの両親も亡くなっています。

どちらかが先に亡くなった時に、互いの財産を全て相手方に渡したいと思っています。

知り合いに遺言書を作成すれば良いのではと言われたのですが、どの様にしたら良いか全くわかりません。

遺言書の作成についてご指導ください。
遺言
山寺雄太行政書士の回答

(山寺行政書士事務所代表)

今回のケースでは、相続人は配偶者とご兄弟という事になりますので、遺言書を作成することによりご相談者様のご希望に沿えると思います。

通常は遺言書を作成したとしても、相続人には遺留分という権利がある為、遺言書の内容通りになるとは限りませんが、相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合、兄弟姉妹には遺留分がありませんので全て配偶者に財産を残すことが出来ます。

その際に、遺言書の効力について後日争いになる可能性が低く、亡くなった後の手続きも比較的簡単である「公正証書遺言」を作成された方がよいでしょう。

私共で、公正証書遺言の作成のお手伝いをさせて頂きます。

また、どちらかが亡くなった場合に、残された方が認知症になられていたり、入院されていた場合には、遺言書の内容を実現するのが困難になることも考えられますので、信用できる方を「遺言執行者」に指定しておいた方がよいでしょう。

私共は、遺言書の作成のお手伝いは勿論の事、遺言執行者への就任も承らせて頂きますので、お心当たりの方がいらっしゃらない場合は、遺言執行者についてもお気軽にご相談下さい。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[9月の放送日] 

次回放送予定

9月19日(木) 16:15~16:45

「」

[ゲスト] 

→視聴方法、過去放送分はこちら