電話相談
> >

相続税の基礎控除の考え方に関して確認したい

(東京都世田谷区在住O様)
4人家族(夫、妻、子2人)で、夫である私が1億円を残して亡くなったとします。

法定相続人は妻、子2人で、妻5000万円、子2500万円ずつ相続したとして、相続人3人ですと基礎控除額は8000万円ですよね。

例ですが1億円の財産から8000万円が控除され、残りの2000万円が相続税の対象となり、2000万円のうち、妻は法定相続分の2分の1の割合から1000万円が、子供は4分の1の500万円ずつが相続税の対象となるということでしょうか?
佐藤 亜津子税理士の回答

(佐藤税理士事務所代表)

相続税の計算は

1)法定相続分で相続したものとして仮定してそれぞれ計算しその相続全体での相続税を計算する

2)1)で計算した「相続全体での相続税」をそれぞれ実際に取得した財産の金額に応じて負担する

となります。

今回の場合ですと

妻分 2000万×15%△50万=250万

子供分 1000万×10%=100万

250万+100万×2人=450万円

これが相続全体での相続税となり、実際の財産の取得した人に対してその取得割合で相続税がかかります。

なお、基礎控除額について、改正され平成27年1月1日以後の相続については、次のとおりになります。

3600万+600万×法定相続人の数

したがって 3600万+600万×3=5400万円 です。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら