電話相談
> >

間口によって、建築できる建物は違うと聞きますが、実際はどうなのでしょうか?

(東京都港区在住H様)
間口によって、建築できる建物は違うと聞きますが、実際はどうなのでしょうか?
相続税
西原 崇不動産鑑定士の回答

(株式会社西原不動産鑑定代表取締役)

間口の大きさにより鑑定評価額は異なってきます。

土地があれば何でも建築できる、と言うことはありませんね。

まず、建築基準法には接道義務というものがあります。

つまり、都市計画区域と準都市計画区域内では、建築基準法(以下「法」)第43 条の規定により、建築物の敷地が、道路に2 メートル(ないし3 メートル)以上接しなければ建築できない、と言うことです。

従って、間口2m以下の土地には建築することはできませんので、評価は半分以下になる場合もあります。

〇この場合の道路とは、次のようなものがあります。

幅員4m 以上で、(法とは、建築基準法のことです)

1.法第42 条第1 項第1 号(1 項1 号道路)…道路法による道路(国道、県道、市道等)

2.法第42 条第1 項第2 号(1 項2 号道路)…土地区画整理法、都市計画法その他の法令による道路(開発道路等)

3.法第42 条第1 項第3 号(1 項3 号道路)…建築基準法第3 章の規定が適用されるに至った際、現に存在する道路

4.法第42 条第1 項第4 号(1 項4 号道路)…道路法、都市計画法その他の法令による事業計画のある道路で、特定行政庁が指定した道路

5.法第42 条第1 項第5 号(1 項5 号道路)…土地所有者等が築造し、特定行政庁からその位置の指定を受けた道路(位置指定道路)

なお、道路幅員が4m未満の場合であっても、下記の道については建築基準法の道路になります。

法第42 条第2 項(2 項道路)…建築基準法第3 章の規定が適用されるに至った際、現に建築物が建ち並んでいる道路で、特定行政庁が指定した道路(みなし道路)。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[10月の放送日] 

次回放送予定

1月1日(木) 16:15~16:45

「」

[ゲスト] 

→視聴方法、過去放送分はこちら