電話相談
> >

父が亡くなりました

(神奈川県横浜市青葉区在住G様)
先日父が亡くなり、私を含めて3人の兄弟と母合計4人が相続人ということになりました。

私は嫁に行き、現在弟夫婦が父母と同居しておりました。

父母の世話はすべて弟夫婦がやっています。

そんな状態なので兄と協議の結果、兄と私の2人は相続放棄して、子の相続分はすべて弟にと考えていますが、子3人で分けて相続する方が相続税の総額は抑えられる?のではないだろうか?と考えております。

一旦相続した後、兄と私がをれぞれ相続税を支払ってその残金を弟へあげた方が弟もお金を多く手にできるのではないかというのが兄の意見です。

その際、贈与税のようなものが発生するのでは?ないのかとも思いますがどうでしょうか?

兄も私も相続する気はなく今まで健気に父母の面倒を見させて苦労させてしまった弟に多くもらってもらう為に何か手立てはないかと兄と私で話し合っている最中です。

とは言いつつも脱税行為になるのであれば諦めます。

因みに資産は自宅不動産が5000万位であと駐車場とアパート2棟です。多分評価としては1億5000万位でしょうか。
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

相続税の計算をする際に、まず総額を計算します。

資産が1億5千万円ということで、相続人が配偶者と子供3人となりますと、相続税の総額が700万円となります。

仮に、遺産分割協議を法定相続分で分けたとすると母が350万円、子供が一人約117万円で合計700万円となります。

これを、仮に遺産分割協議で、兄がすべて相続するとなると、兄が700万円全額負担することになるのです。

要するに、相続税の総額を、遺産分割の割合で按分して負担することになります。

よって、子供の分をすべて弟にあげたしても、相続税の総額には変わりがありません。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら