電話相談
> >

私達には子供がいません。

(東京都杉並区在住K様)
最近やたらとテレビでやっているので夫と話をすることも多くなってきました。

特にうちは子供もいないので相続でもめる事もないと思いますが、何かあった場合の事もあって遺言を書こうと考える様になりました。

そこで自筆遺言を作りたいと考えているのですが、先日新聞を見ていたら、自筆証書遺言の中に遺言執行者を記入するとありました。

遺言執行者は、主人がなくなった場合は、私とし私が死んだ場合は主人としても良いのでしょうか?

例えば夫が死んで、全ての財産を私が相続する場合、その旨をシンプルに遺言で記載すればよいのでしょうか?

大した財産があるわけではありません。

しかし人生の最終章を夫と暮らしているわけで静かに終わる為にはやるべきことはやっておきたいと考えています。
遺言
星川 亮司法書士の回答

(星川合同事務所代表)

ご主人様の遺言に奥様を遺言執行者として、奥様の遺言にご主人を 遺言執行者として定めておくということですね。

これは問題ありません。

しかし、今回のケースは、必ず遺言執行者として指定された方が遺言者より早く亡くなっているということが発生しますから、配偶者の方がお亡くなりになった時に遺言書を再作成するか、もしくは現段階の遺言書にて次順位の遺言執行者の指定をしておくべきですね。

遺言書の記載方法は、趣旨がきちんと記載されていれば構いませんが、財産明細を正確に記載しておいたほうがベターです。

お子さんがいない場合、ご夫婦で築き上げた財産をあまり交流のないご兄弟にわけることになり御苦労されている方が多いです。

遺言書は準備されておくといいですね。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら