電話相談
> >

任意売却ってなんですか?

(神奈川県横浜市保土ヶ谷区在住Y様)
ここ最近よく耳にする任意売却という言葉ですが、「競売」と「任意売却」との違いっていまいちよく分かりません。

正直我が家は火の車で明日は我が身という状況です。

教えて下さい。
高木 優一宅地建物取引士の回答

(株式会社トータルエージェント代表取締役)

任意売却と言うのは、個人が不動産業者に依頼して不動産業者と相談した上で決めた売却価格で不動産を売りに出してもらい、購入希望者との契約により、その不動産を売却(所有権移転)することです。

任意売却の場合は、最終的に契約により売却するので、売却時期、売却価格、売却する相手などを自分で決めることができます。

他方、競売は、債権者から裁判所に申し立てられることによって開始される裁判手続きで、入札で最も高値をつけた入札者に強制的に所有権が移転されることになります。

例えば、住宅ローン会社等から住宅ローンの未払いを理由に抵当権の実行を申し立てられた場合、また、消費者金融から裁判を提起され、判決を取られた後に強制執行の手続をとられた場合等に競売が行われることになります。

競売の場合は、裁判所が所有権の移転時期、最低売却価格を決定し、入札により一番高い価格をつけた入札者に自動的に所有権が移転することになり、自分で決める余地はありません。

このように、競売が裁判所により強制的に売られるのに対して、任意売却は自らの意思で売却する点に違いがあります。

また、一般に競売によるよりも任意売却の方が売却価格が高値となり、残債務を減らしやすいこと、競売手続きと比較して引っ越し費用等を買い主に出してもらえる可能性があること等、任意売却は不動産のオーナーにとって競売よりも有利な点が多いと言えます。

もっとも、競売の手続に乗ってしまうと任意売却を行うことが難しくなってくるので、住宅ローンを支払えない、消費者金融から訴訟を提起された等の事態に陥った場合には早めにご相談頂くことが必要となってきます。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月20日(木) 16:15~16:45

「外国人雇用のススメ」

[ゲスト] 石塚毅(株式会社求人)

→視聴方法、過去放送分はこちら