電話相談
> >

千葉県八千代市に不要な不動産があります

(東京都品川区在住O様)
昨年父が亡くなったことにより、今回相続が発生し、実家である八千代の土地を私と兄で相続する事になりました。

しかし兄がその土地も俺が今駐車場で使っているんだから俺にくれ!とふざけた事を言ってきています。

それであれば売ってやるよと言ったところ冗談じゃねぇと言ってきたのでこの半年口もきいていません。

法定相続分で考えると私の取り分は約50坪位で多分売れば1500万位にはなると思います。

馬鹿な兄はなんとかしてもし相続した土地を売却する事によって発生する税金を大体目途としてどれ位掛かるのか知っておきたいのです。

私自身品川に住んで約8年、妻も子もいます。

妻の実家は立会川で八千代に戻ることも考えられないので売却→現金化したいと考えています。

出来れば相続で得たお金を住宅ローンの繰り上げ返済に使いたいと考えております。
浅井 政晃税理士の回答

(浅井政晃税理士事務所)

ご相談いただきありがとうございます。

今回のご相談は相続した後の土地を売却した場合の譲渡に係る所得税及び住民税の税額のシュミレーションという事でお答えしたいと思います。

1.税額を計算するための前提条件を整理します。

①売却額・・・1500万円

②取得原価・・・被相続人であるお父様が土地を取得したときの金額又は売却額の5%(取得額が不明な場合や取得した金額が売却額の5%を下回る場合に使用します。)

③売却に伴う費用・・・登記料や不動産仲介手数料、印紙など

④相続税額の取得費加算
相続又は遺贈により取得した財産を譲渡した場合に、その人に課された相続税額があるときは、その相続税額のうち、譲渡した資産に対応する部分の金額を、その資産の取得費に加算して譲渡所得の金額を計算する事ができます。

2.譲渡益の金額を上記の条件を基に計算します。

譲渡益の金額=①-(②+③+④)

3.税額の計算

土地に係る譲渡所得については、給与所得等の他の所得とは切り離して計算する申告分離課税方式が採られていますので、給与所得等とは違い税率は一定の税率となります。

①所得税・・・譲渡益の金額×15%

②住民税・・・譲渡益の金額×5%

以上の様な流れで税額の計算を行う事となります。

ちなみに税務署への申告については譲渡した年の翌年の2月16日から3月15日までに納税地(基本的に現在の居住地)の所轄税務署にて行ってください。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら