電話相談
> >

【至急】相続と事業継承について教えて下さい。

(東京都世田谷区在住U様)
昨年末、父が他界しました。

父は会社員時代から賃貸マンションを保有し、俗に言うサラリーマン大家でした。

現在は賃貸マンション・アパートを4件保有しており、定年退職後は法人化しておりました。(父が代表のペーパーカンパニーです)

家族は母と私(長男)・次男・長女です。

そこで今後の手続きですが、将来的な相続税の事を考えると母に2分の1渡してしまうと、私達3人兄弟の負担が増えると思うのですが、この考えは間違っていますか?

突然の事で父の遺言状は無く、特に次男と私は仲が良くない事もあり今後もめると思います。

不動産資産価値は5億円位だそうです。(世田谷区に2棟と大田区に1棟、目黒区のワンルーム1室)

現金は1000万円で生命保険の受取は母です。

税務申告まで全てやってしまう父だった為、今後どの様な手続きを私達がすればいいか分かりません。

私も仕事があり、中々この話ばかりに携わっているわけにもいかないものの父が残してくれた資産はちゃんと継承したいと考えております。

相続税も含め詳しい話を伺いたいと思います。

御相談に乗って下さい。
佐藤 和基税理士の回答

(佐藤和基税理士事務所所長)

まず相続税についてですが、お母様が取得する財産については2分の1までは税金がかからなくなる配偶者軽減というものがあります。

今回の相続(以下「一時相続」といいます)だけを考えるのであればお母様が2分の1以上相続するのが最も相続税が低くなります。

ただし、お母様が今回たくさん相続してしまうと次の相続(以下「二次相続」といいます)の際に多額の相続税がかかってしまいます。

そのため、一時相続と二次相続を総合的に考慮して最も低くなる分割方法はお母様の財産の内容も把握してシミュレーションする必要があります。

次にアパートを持つ法人の分割ですが、兄弟で共有としてしまうと揉めてしまうリスクがあります。

財産を現物で分割する方法(現物分割)が難しい場合には、下記の方法が考えられます。

・不動産を売却して法人も清算して現金化した上で分割する方法(換価分割)※この換価分割の場合には、法人税等の税負担も考慮する必要があります。

・誰か一人が不動産所有の法人を相続し、他の相続人には代償金として現金等を渡す方法(代償分割)

例えば、お母様が不動産所有の法人を相続し、他の兄弟3人には代償金を支払うことにして、二次相続が発生するまでの間に会社を分割するなど分けられる状態に出来るように対策するということも考えられます。

また、この場合代償金を一括で支払うのは難しいと思いますので、代償金も分割払いにする必要があると思います。

例として出しましたが、実際には相続人の皆様の意見をお聞きして、皆様でも話し合いをしていただいた上で、どのように分割するのか決めていく事になります。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月27日(木) 16:15~16:45

「退職代行業務の現状」

[ゲスト] 小澤亜季子(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら