電話相談
> >

父親が亡くなり、相続で悩んでいます。

(神奈川県川崎市高津区在住S様)
父親が亡くなりました。

急な話でパニック状態で、母も少しノイローゼ気味になってしまい、たまに過呼吸で救急車に運ばれる事もあり毎日が気が気ではありません。

財産ですが、うちは分家なので爺さんが本家から分けてもらった土地があり、そこに自宅と賃貸アパートを2棟保有しております。

恥ずかしい話ですが、現金は殆どと言っていいほどありません。

母の体調も悪く、もしかするとヤバいと思うので出来れば子供の私が、父の全ての資産を相続して母の看病は私が責任を持ってするという事は法律上可能でしょうか?(何か書面に書くのでしょうか?)

私は一人っ子なので相続は母と二人で2分の1のはずです。

母もそれを望んでいますが、法律上の手続きが必要なのかどうかが分かりません。

あと相続税の計算なども分からないので教えてもらえると助かります。
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

法定相続人がお二人ということなので、お母様と遺産分割協議をしてもらうことになります。

よって、そこでお二人で合意を得られれば、全ての財産を息子であるあなたが取得しても問題ありません。

その内容を遺産分割協議書に記載し、登記の変更等をすれば問題ありません。

また、相続税ですが、基礎控除(相続税が発生しない財産の範囲)は以下の通りです。

5000万円+2人×1000万円=7000万円

亡くなった時点でのお父様の財産が、この範囲内であれば、相続税が発生しません。

もし、超えるようなら、その超えた部分に対して相続税の課税対象となります。

そうなると、今回、全ての財産を息子さんに相続することが、節税になるかどうかはわかりません。

なぜなら、配偶者者の税額軽減という制度があり、法定相続分、あるいは1億6千万円相当分が、配偶者に相続しても、相続税がかからないといものがあるからです。

そのあたりを念頭に入れ、専門家にご相談の上、遺産分割協議をなさった方がいいと思われます。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月20日(木) 16:15~16:45

「外国人雇用のススメ」

[ゲスト] 石塚毅(株式会社求人)

→視聴方法、過去放送分はこちら