電話相談
> >

父親が急死しました

(神奈川県川崎市高津区在住S様)
父親が亡くなりました。

急な話でパニック状態で、母も少しノイローゼ気味になってしまい、たまに過呼吸で救急車に運ばれる事もあり毎日が気が気ではありません。

財産ですが、うちは分家なので爺さんが本家から分けてもらった土地があり、そこに自宅と賃貸アパートを2棟保有しております。

恥ずかしい話ですが、現金は殆どと言っていいほどありません。

母の体調も悪く、もしかするとヤバいと思うので出来れば子供の私が、父の全ての資産を相続して母の看病は私が責任を持ってするという事は法律上可能でしょうか?(何か書面に書くのでしょうか?)

私は一人っ子なので相続は母と二人で2分の1のはずです。

母もそれを望んでいますが、法律上の手続きが必要なのかどうかが分かりません。

あと相続税の計算なども分からないので教えてもらえると助かります。
佐藤 和基税理士の回答

(佐藤和基税理士事務所所長)

今回のケースですと、おっしゃる通り法定相続分は2分の1ずつとなります。

ただし、遺産分割協議では法定相続分にとらわれる必要はなく、相続人全員の合意があれば、子が全ての財産を相続することもできます。

手続きとしては、遺産分割協議書を作成して不動産の相続登記をすることになります。

また、相続税の計算は、相続人が2人ですと7,000万円の基礎控除があるため財産から債務を控除した金額が7,000万円を超えた場合にのみ相続税が発生します。

ただし、自宅の土地に関しては240㎡までは80%減額することが出来る小規模宅地等の特例というものがあります。

※賃貸アパートの土地に適用する場合には200㎡まで50%の減額となりますので、実際には有利判定をして適用します。

相続税がかかるかは、全体の財産の内容を把握しないと判断が出来ませんので、一度詳しく聞かせて頂ければと思います。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら