電話相談
> >

伯父が成年後見人制度を悪用し、祖母の遺産及び年金を手にしようとしています

(東京都港区在住H様)
生活保護受給者である伯父が認知症の祖母の年金と保険金目当てに成年後見人になろうと考えています。

今まで疎遠だったくせに最近になって祖母の通う施設へ出向き、伯父自身が成年後見人になるべく必要な情報を祖母に話しかけそれを録音し、司法書士事務所へ祖母の後見人に適任であると主張しに最近行ったようです。

生活保護である人間が後見人になんてなれるのでしょうか?

今まででも事業で失敗しては家族や親せきに借金をするどうしようもない伯父です。

これ以上迷惑を掛けてもらいたくないというのが本音で、最近音信不通になっていたもののひょっこり出てきたので私の周りは怒りがふつふつと湧いてきている状態です。

あと生命保険に関しては私の母が受取人となっているはずですが、伯父が万が一成年後見人に認定された場合、保険金は伯父が受け取れるようになってしまうのでしょうか?

祖母の痴呆の進行が最近進んでおり早めに解決したいと思っています。

どなたか良きアドバイスをお願いします。
後見
菱田 徳太郎司法書士の回答

(菱田司法書士事務所所長)

後見の申立てにあたっては、一定範囲の親族の同意書を添付する取扱いですし、家庭裁判所から親族へ意見を伺うこともありますので、伯父が不正な動機で後見人に選任されようとしていることが家庭裁判所に伝われば、伯父が後見人に選任されることは無いでしょう。

親族が後見人になることで、親族間に紛争が生じる可能性がある場合は、第三者の専門職が選任される可能性が高いです。

理論上、後見人が被後見人の生命保険契約を変更することは可能ですが、本人のためでなく、不正な目的であることが明らかなので、保険会社が変更契約に応じること考えにくいです。

伯父以外の親族が、先に後見の申立てをして、第三者の専門家に後見人になってもらうのが良いかもしれません。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[5月の放送日] 

次回放送予定

1月1日(木) 16:15~16:45

「」

[ゲスト] 

→視聴方法、過去放送分はこちら