電話相談
> >

遺言書の内容が納得できません。

(東京都世田谷区在住S様)
Sと申します。

先日、父が亡くなり遺言書が出てきたのですが、内容は「すべての財産を長男に相続させる。」というものでした。

私は納得できません。

相続人なのに全く財産を貰えないのでしょうか?

母は既に他界しているので、相続人は兄(長男)と私(二男)の2人となります。

財産は約1億円くらいです。
佐藤 和基税理士の回答

(佐藤和基税理士事務所所長)

ご質問についてですが、S様には遺留分という権利があります。

遺留分とは遺言によって遺産を取得できない相続人であっても、最低限保証されている遺産をもらえる権利のことをいいます。

遺留分が認められている者を遺留分権利者といいます。

遺留分権利者は全ての相続人がなれるわけではなく、兄弟姉妹以外の相続人が遺留分権利者となります。

具体的には配偶者、子及び直系尊属(両親や祖父母など)のみとなります。

なお、子の代襲相続人もこれに含まれます。

ただし、相続欠格、廃除、相続放棄により相続権を失った者については遺留分がありません。

また、包括受遺者にも遺留分はありません。

S様の場合は子であるため、遺留分権利者となります。

遺留分の計算についてですが、遺留分は次のとおりとなります。

①直系尊属だけが相続人である場合 … 被相続人の財産の3分の1

②その他の場合 … 被相続人の財産の2分の1

その他の場合とは、相続人が次に該当する場合です。

・子(代襲相続人を含む。以下同じ。)だけの場合
・子と配偶者の場合
・配偶者だけの場合(配偶者と兄弟姉妹の場合も含む。)
・配偶者と直系尊属の場合

S様の場合には遺留分は2分の1となります。

次に具体的な金額ですが、S様の相続分は2分の1で、遺留分も2分の1となりますので、4分の1が最低限もらえる権利となります。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら