電話相談
> >

相続時精算課税制度で生前贈与を受けるのは危険でしょうか?

(神奈川県川崎市幸区在住U様)
変な質問と笑わないで下さい。

認知症の親が持っている財産(不動産、株式)を相続時精算課税制度で生前贈与を受けた場合、あとで兄弟ともめることになりますか?

因みに兄とは仲が悪く、音信不通状態で母親が現在認知症であるということは知らないと思いますが、親が亡くなった後知る可能性はあります。

もし争ったら贈与は無効でしょうか?

親は私に全部やりたいと言っているのですが、遺言では無効になる可能性がありのでしょうか?

判断力のあるうちに財産を処分して介護費用に使ったほうが良いと思っています。

家を出て行った兄に母の財産を手渡したくない気持ちです。

その意見に母も賛成しており、口を聞く気すらありません。

どうしたら良いでしょうか?

教えて下さい。

よろしくお願いいたします。
相続遺言
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

親が認知症であるということは、すなわち判断能力がないとみなされますので、贈与が出来ません。

ですから、勝手に贈与契約を結んでしまって、あとでその行為が発覚すると、無効になる可能性は否定できません。

遺言書の作成も、認知症と判断されている場合は作成できません。

もし、まだ認知症と判定されていなければ、判断能力のあるうちに、対策を立て実行することをお勧めします。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら