電話相談
> >

両親の土地と家屋を現金で購入した場合

(東京都文京区在住T様)
実の両親の土地と家屋(一戸建て)を現金一括で購入するにあたり

・不動産業者をはさみ、時価で売買する
・所有者の登録は、自分(又は夫)にする

とした場合、売り主(両親)と買主(自分たち)にかかる税金にどんなものがあり、どのように計算されるのかをお教え下さいませんでしょうか?

よろしくお願いします。
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

売主は、その土地と家屋の購入した値段より高く場合、その利益に対して20%の所得税・住民税が課税されます。

これは、翌年の確定申告で計算し納税します。

買主は、不動産取得税が発生します。

この税は、不動産(土地・家屋)を取得したときにかかる税金です。

なお、土地・建物等の所有に対しては、固定資産税・都市計画税(市町村税)などが課税されます。

計算方法は、課税標準額×3%

もし、一定の条件を満たす住宅や住宅用土地を取得した場合には、不動産取得税が軽減されます。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月21日(木) 16:15~16:45

「火災でなくても火災保険会社から保険金が頂ける?」

[ゲスト] 三谷豊実

→視聴方法、過去放送分はこちら