電話相談
> >

父の内縁の妻

(東京都中野区在住U様)
先日父が亡くなり不動産を相続しました。

死亡時点で、相続した物件には内縁の妻が住んでいましたが、当時父の死後引っ越すと言っていました。

しかし、引っ越すと言われてから既に3か月経過していますが、全く引っ越す様子がありません。

速やかに引っ越して欲しいのですが、何らかの法的手段を取ることができますか?

私はこの人がどうも好きになれず納得できません。
鹿山 博樹宅地建物取引士の回答

(株式会社GMコーポレーション代表取締役)

お父様の相続人はU様のみということでよろしいでしょうか?(内縁の方には相続権はございません。)

お父様の内縁の方は、法律上内縁関係があったと言えるかの問題もそもそもありますが、原則として居住する権利はありません。

そのため、質問者様から立退きを請求することは可能です。

ただし

①相続人が複数いらっしゃる

②遺産分割が未了または当該不動産について共同相続
とし、

かつ、

③相続人の過半数の方が、内縁の方が当該不動産に居住することを認めていらっしゃる場合にはU様から立ち退きを請求することはできなくなってしまいます。

他の相続人の方の意思により、内縁の方と新たに使用貸借等の居住の権利が発生してしまうからです。

また、お父様の方で、自分の死後、内縁の方に住まわせる意思を示していた場合には、使用貸借契約(無償で居住させることを認める契約)が成立しており、その使用貸借契約関係も相続により承継されてしまいます。

この場合には、使用貸借の目的が設定されていなければ解除でき、また、目的が設定されていても、目的が達成されていれば解除できます。

現在は内縁の方は、お父様が死後は引っ越すと話していたとのことですが、今後主張が変わり、「お父様から死ぬまで住んでいいと言われていた」などと主張されると、上記使用貸借契約との関係で少々問題が生じる可能性があります。

もっとも、証拠がない話になるので、全く手がないというものでもありません。

話し合いが難しい以上は訴訟等も視野に入れなければならないことも予想されます。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月27日(木) 16:15~16:45

「退職代行業務の現状」

[ゲスト] 小澤亜季子(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら