電話相談
> >

妹が母の介護に一切協力してくれません

(東京都渋谷区在住N様)
茨城に住む母の認知が進みつつあります。

そこで妹と介護に関し話をしようとしていますが、電話やメールをしても返事がありません。

昨年から手紙も何度も送っていますが返答無し。

流石にここまで無視し続けられると気分が悪いので家庭裁判所に調停を申し込みました。

農家である父は相続について聞く耳を持つような人ではなく遺言を書いてくれる人でもありません。

先日その様な話を父にしたら「俺の財産を狙っているのか!」と怒られてしまいました。

このまま母の認知が進んだら私だけ介護をしなければなりません。

今の状態が続くと私の頭はパンクしそうです。

調停に妹が来ない事も考えられます。

今後私はどうしたらいいのでしょうか?
高木 優一宅地建物取引士の回答

(株式会社トータルエージェント代表取締役)

妹さんが調停に出席してくれて、話し合いができればいいのでしょうが、もし調停に出席もせず、今後もあなたからの連絡を無視し続けたとしても、妹さんに話し合うこと、実際にお母さんの介護をすることを直接強制する法的手段はないものと考えて頂いた方がいいでしょう。

そうすると、遠方であなた一人でお母さんを介護することが難しければ、成年後見制度を利用することも選択肢のひとつとして検討されてはいかがでしょうか。

成年後見人の職務としては、本人の財産管理ばかりではなく、身上監護も含まれます。

後見人が実際の介護労働をするわけではありませんが、本人のために必要な措置を講じてくれるでしょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月27日(木) 16:15~16:45

「退職代行業務の現状」

[ゲスト] 小澤亜季子(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら