電話相談
> >

税務署はどんな家をマークしているのでしょうか?

(東京都大田区在住H様)
ネットで調べてみると税務署は全部の家を調べているのではなく高額な資産をお持ちの方をマークしているという情報を見つけました。

これは本当の話なんでしょうか?

それとも都市伝説みたいなものなのでしょうか?
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

都市伝説とまでは言いませんが、税務署は色々な方法を使って情報を収集しています。

例えば、毎年確定申告をしている人で、所得が2000万円を超える納税者は、財産の一覧表を提出する義務があります。

また、法定調書と言って、各事業者に、毎年、誰にいくらで不動産を売買したか、あるいは家賃や地代を払ったかなどを記載して提出させています。

半年に1回程度、法務局の不動産の登記情報を確認し、名義の変更もチェックしています。

税務職員にも限りがありますので、効率的に調査できるように、“資産家”の事前調査をしているようです。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月27日(木) 16:15~16:45

「退職代行業務の現状」

[ゲスト] 小澤亜季子(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら