電話相談
> >

財産の生前贈与について教えて下さい。

(神奈川県川崎市宮前区在住M様)
義母が最近急に「認知症になる前に財産整理しておきたい」と言い出しました。

義母はうちの主人が幼少期に離婚、そして10年前に再婚。

しかし「自分が死んだら財産は全部うちの主人に渡したい」と言っています。

死んでからだと税金などで迷惑をかけるので出来れば生前に渡したい・・とのことですが問題はないでしょうか?

義母は化粧品セールスで成功された方なので多分自宅含め億単位の資産はあるはずです。

どういう贈与をすればいいのか分かりません。

万が一、一度に千万単位のお金を自分の子どもに振り込んだりすると銀行が税務署に報告するなど目をつけられる様な事があるのでしょうか?
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

認知症など、意思確認が出来なくなったと認められる場合、その方の、様々な手続きをすることが出来なくなります。

よって「自分が死んだら財産は全部うちの主人に渡したい」という遺言書を残したいのであれば、そのようになる前に実行しなければなりません。

また、「死んでからだと税金などで迷惑をかけるので出来れば生前に渡したい・・」ということを優先されるのであれば、計画的に、毎年贈与を繰り返し行うことが有効です。

ご質問だけでは、どれだけ贈与できる対象者がお見えかわかりませんが、基礎控除(110万円)を有効に活用すれば、亡くなった時に支払う相続税とトータルで考えても節税になります。

また、一度に1千万単位のお金が移動しただけでは、特に税務署に目をつけられることもありません。

その時にきちんと贈与税の申告をしておけば、後日、相続税の税務調査に入った場合でも、何ら問題はありません。

どのように贈与するかは、その方の意思や家族構成などによりまちまちです。

実際に実行される際は、相続税に詳しい専門家にご相談の上、計画的に行ってください。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月27日(木) 16:15~16:45

「退職代行業務の現状」

[ゲスト] 小澤亜季子(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら