電話相談
> >

長男・長女に相続させたくないんです

(神奈川県横浜市緑区在住H様)
散々私のお金を無心してきた長男・長女に私の財産を相続させてくないのです。

話せば長くなるのですが、長男は数々の事業を失敗させ今まで何度も借金の肩代わりをしてきました。

長女も連れ合いの事業のトラブルで収入が少なく、一度自宅を事務所にして銀行から借り入れさせた経緯もあり、長女に相続すると義理の息子に財産が行ってしまうので長女の一人息子である孫に相続をしたいのです。

財産は自宅とアパートで6年前に立て替えました。

どういう風にすれば私が死んだ時に孫に迷惑を掛けることなく相続できるのか教えて下さい。

因みに孫は28歳、独身で大手企業勤務の会社員です。
相続遺言
田畑淳弁護士の回答

(弁護士法人アリスト溝の口法律事務所所長)

全財産をお孫さんに相続させたいという相談ですね。

被相続人に子供がいる場合,お孫さんに相続権はありません(民法900条参照)。

ア 子供を相続人から外す方法

お孫さんに相続権があるのは,

①相続開始前に子供が死亡している場合

②子供が相続欠格者(民891条)である場合

③子供が相続人廃除された場合(民892条以下)です。

②の相続欠格者は,

ⅰ故意に被相続人あるいは相続について先順位・同順位の相続人を殺しまたは殺そうとして刑に処された者など生命侵害行為に関する場合と

ⅱ詐欺強迫によって被相続人が遺言を作成したり,遺言を取り消したり変更することを妨げたりした場合等遺言行為への違法な干渉をした場合に該当します。

法律上当然に相続人としての資格が失われます。

本件では,このような事情は見当たりません。

③相続人廃除は,

ⅰ被相続人に虐待若しくは重大な侮辱を加えたとき

ⅱ著しい非行があったときに該当します。

遺言により排除の意思表示をするか,生前に家庭裁判所に申し立て調停成立または審判が確定すると相続権が無くなります。

本件では,虐待や侮辱等の事情はありません。

もっとも,浪費や借財の程度がひどい場合で被相続人に経済的精神的な被害苦痛を与えたと評価できる場合にはⅱの著しい非行に当たります。

そこで,長男については,数々の行ってきた事業がひどく杜撰であるなど,正職につかず浪費を重ねており被相続人に経済的精神的な被害苦痛を与えたなどと評価できるような場合には相続廃除をなしえます。

とはいえ,裁判所の審判で廃除が認められることはなかなか難しいので相続廃除が認められる可能性は高いとは言えません。

また,長女については,連れ合いの事業のトラブルであって長女自身のトラブルではないことや,一度借入を手助けしたという程度であれば,相続廃除は難しいと考えます。

イ 相続放棄させる方法

全財産をお孫さんに遺贈したとしても,兄弟姉妹を除く法定相続人には遺留分というものがあります。

遺留分は,相続人の生活保障や相続への期待から認められるもので,本件の場合では,相続財産全体の1/2について生じます(民1028条)。

とすると,相談者の配偶者がご存命であれば1/2(遺留分)×1/2(配偶者がいる場合の子供の相続分)×1/2(子供が二人いるので折半)=(全相続財産の)1/8ずつ長男・長女が遺留分をお孫さんに請求できることになります。

配偶者がご存命でなければ,1/2(遺留分)×1/2(子供が二人いるので折半)=1/4ずつ長男長女が遺留分をお孫さんに請求できることになります。

お孫さんに請求するということから,請求しなければお孫さんが全財産相続できます。

また,遺留部減殺請求権は,遺贈を知った時から1年もしくは相続から10年経過で時効消滅します。

もっとも,相続財産全部を一人が相続する場合,被相続人の前ではもめなくとも,実際相続開始した際にもめることが多々ありますので,説得すれば大丈夫と考えることは危険です。

そこで,遺留分を請求できなくする方法が必要となります。

相続が開始する(相談者が死亡する)前にできる手法としては,法定相続人に遺留分の放棄をさせる方法があります(民1043条1項)。

遺留分を相続開始前に放棄させるには,家庭裁判所の許可が必要です。

手続きとしても簡単ではないため,ご長男・ご長女が放棄に応じない可能性は十分にあります。

従って,結論としては相談者様の目的を達成するためにはお孫さんに対する全財産を相続させる旨の遺言を作成しておくとともに,もし可能なのであればご長男・ご長女それぞれについて遺留分の放棄についての家庭裁判所の許可を得るのがいいでしょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月21日(木) 16:15~16:45

「火災でなくても火災保険会社から保険金が頂ける?」

[ゲスト] 三谷豊実

→視聴方法、過去放送分はこちら