電話相談
> >

先日父親が余命宣告を受けました。

(東京都世田谷区在住S様)
先日父親が医者より肺がんによる余命宣告を受け、家族で色々な事を考える様になりました。

財産と言っても世田谷区内にある自宅だけで現金は殆どありません。

ネットで調べてみると相続税が上がるという事ですし色々と今からできる事があれば名義も私に替えようかと思っています。

母とは私が幼少期に離婚しているので相続するのは私一人です。

今不動産会社数社に査定をしてもらっているのですが、売れる価格は大体6500万円前後だそうです。

税金(相続税?)はどれ位掛かるものなのでしょうか?

もし税金が結構掛かるのであれば売却も考えています。
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

相続税が増税になるというのは、基礎控除が引き下げられることによります。

(現行)

5000万円+1000万円×法定相続人数

貴女の場合ですと、6000万円です。

これが来年以降になると、4割減額されてしまいます。

3000万円+600万円×法定相続人数

よって、3600万円となり、これを超える遺産があると相続税が発生することになります。

財産は自宅だけということですので、仮に相続財産の総額が、7000万円だった場合、今年(26年中に)にお亡くなりになったら、相続税は100万円。

これが来年以降になると、相続税は480万円と、一気に約5倍になります。

相続税の納税資金で、480万円が用意できないようでしたら、いざとなってすぐに売却できるとは限りませんので、売却の検討をお早めにされた方が得策と思われます。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら