電話相談
> >

長男に相続させたくない。

(神奈川県川崎市中原区在住T様)
1年程前に亡くなった妻の不動産の相続登記を夫の私だけに行い、長男には登記しませんでした。

現在服役中の長男とは勘当状態です。

私としては今後も長男には相続したくありません。

なにか問題ありますか?

教えて下さい。
高木 優一宅地建物取引士の回答

(株式会社トータルエージェント代表取締役)

子供と勘当状態といっても、法的に勘当することはできません。

すなわち、実の親子の縁を切ることはできず、通常であればご長男はあなたの相続人になります。

それでも、ご長男に相続させたくないのであれば、遺言をしておくべきでしょう。

そして、その遺言でご長男を相続人から廃除しておくこともできます。

ただし、最終的に廃除を認めるかどうかは家庭裁判所の審判により、実際のところ廃除はほとんど認められていません。

そのため、ご長男には遺言で相続分が全くなくても遺留分(法定の最低限の相続分)を請求できる権利がありますが、それでも遺言をしておいた方がよいでしょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら