電話相談
> >

相続がある為、遺品を整理していたら遺言書が出てきました。

(神奈川県横浜市磯子区在住M様)
相続がある為、遺品を整理していたら遺言書が出てきました。(裁判所を通した正式なものです)

正式な遺言書は3通あると聞きました。

「本人」「立会い者」「裁判所」の3通。

3通ともそろわないと成立しないのでしょうか。

文面は全て同じだと思いますが、万が一そろわない場合、優先順位はありますか。

(裁判所→本人→立会い者の順とか)
相続遺言
星川 亮司法書士の回答

(星川合同事務所代表)

同じ遺言書が3通ある、ということであれば優劣はありません。

作成日付が異なるのであれば日付の新しいものが優先されます。

遺言には自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3形式があります。

そのうち公正証書遺言であれば公証人立会のもと作成された遺言書であり、裁判所をとおす必要はありません。

自筆証書遺言というのはまさに相続人に向けてのお手紙であり、本人が作成した遺言書ですが、この場合裁判所の検認手続が必要となります。

遺品を整理していたら発見した、という御事情からすれば裁判所の検認がまだお済みではないかと思われます。

一度遺言書をご持参の上専門家に相談されることをお勧めします。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[7月の放送日] 

次回放送予定

7月18日(木) 16:15~16:45

「最新の防犯カメラについて」

[ゲスト] 狩野刀根男(株式会社ユニティー)

→視聴方法、過去放送分はこちら