電話相談
> >

成年後見人選出の順位について教えてください。

(神奈川県川崎市高津区在住O様)
叔母(78歳)で6年前に夫亡くしました。

若い時から体が弱かった為、子供には恵まれませんでした。

その叔母は現在軽度のアルツハイマーで、川崎市内の老人ホームに入居しています。

といっても重症というほどではなく、老人であればこれ位は普通かなという程度、物忘れが少しあるくらいで、同じ質問をする以外は、健常者とさほど変わりありません。

今年の春先に叔母の従妹が、突然私に相談もなく自分を後見人候補者とする申立をしました。

家庭裁判所からの通知書に反対の意見を返信し、その従妹に抗議したところ、申立を取り下げました。

今度は、私の兄が改めて申し立てを行う宣言をしたところ、その従妹から手紙が届き、今度はアルツハイマーの叔母本人を申立人とし、後見人候補者には現在、その従妹と関わり合いのある弁護士とする申立を改めて行う旨の宣言をしてきました。

その手紙には白々しく「叔母も喜んでいますのでこちらで手続きを進ませて下さい」との言葉が添えてありました。

昔からお金には汚い節の合った従妹です。

こんな事は明らかに嘘で叔母は、自分自身が申立人とされることなど全く知らず、勝手なことをやられたと怒っています。

そこで質問があります。

後見人選出順位はどうなりますか?

因みに私の兄には欠格事由はありません。

(1)私の兄(3親等にあたる)
(2)叔母の従妹(4親等にあたる)
(3)叔母の従妹の策略した弁護士

尚、従妹は叔母(叔父と夫婦で経営)が経営していた会社で経理業務、事務全般を取り仕切ってきたという実績があることもあり、財布の中身を知っています。

それに加え、従妹は叔母の実印や印鑑証明カード、法人の銀行通帳、通帳印も持っており叔母に万事があった場合、私が仕切るという空気があり何をやらかすか分からなく兄も怒っています。

私としては身内が後見人になるのではなく裁判所が認めた公平な立場の人に管理して頂きたいのです。

このまま従妹に暴走させると大喧嘩に発展すること間違いなしですから。

それを避ける為にも何か良きアドバイスございませんか?

ご指導宜しくお願いします。
相続後見
山寺雄太行政書士の回答

(山寺行政書士事務所代表)

まず初めに、後見人に選出順位というものはありません。

候補者を立てて申し立てをすると、様々な状況を考慮し、その後見人候補者が後見人としてふさわしいかどうか家庭裁判所が判断を下します。

今回のように、親族間で争いがある場合には、弁護士等の第三者がふさわしいと判断される可能性は高いと思いますが。

また、従妹とかかわり合いのある弁護士とのことですが、通常のまともな弁護士であれば、従妹に肩入れし、叔母様にとって不利になるようなことはしません。

下手をすると自分のバッジが飛びますから。

どうしても不安であれば、その旨を家庭裁判所に伝えても良いかもしれません。

また、実際にお会いしたわけではありませんのではっきりしたことは申し上げられませんが、お伺いした状況からすると、叔母様は「後見」には該当せず、「保佐」若しくは「補助」相当である可能性が高いと思われます。

保佐ですと申し立てには本人の同意は原則不要ですが、代理権を付与するには本人の同意が必要です。

補助の場合には、申し立てにも本人の同意が必要です。

どれに該当するかは診断書等から裁判所が判断しますが、叔母様が反対されている状況からすると、従妹の方が後見制度を利用して悪事を働くことができる可能性は低いと思われます。

それよりも一番心配なことは、従妹が従妹の方が実印・印鑑カード・通帳等を管理していることです。

勝手に叔母様の財産を使われる、もしくは既に使われている可能性があります。

早めに弁護士等の専門家に相談されることをお勧めします。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら