電話相談
> >

申告期限まで所有しないといけないのでしょうか?

(神奈川県川崎市宮前区在住G様)
相続に関して現実味が帯びてきましたので、最近になって色々勉強しています。

税金の本を見ると「特定居住用、又は事業用宅地等の要件に申告期限までその宅地を所有」とありますがなぜ申告期限まで所有しないといけないのでしょうか?

申告期限まで所有が要件となると「小規模宅地等の特例」に伴う相続税の減額は一時、申告期限までに減額の適用前の相続税を支払い申告期限後に小規模宅地等の特例に伴う相続税の減額分は還付されるのでしょうか?

知り合いに税理士の先生がいないので質問できるところを探していたところこのホームページを見つけました。

教えて下さい。
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

お尋ねの『小規模宅地の特例』の適用条件として、申告期限内に、その対象物件を所有することが条件となっております。

税金は、申告書を作成する段階で減額して評価しますので、申告段階で、既に特例を適用させた税金になっていますから、後から還付されるわけではありません。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら