電話相談
> >

母親が勝手に土地を売ってしまいました。

(東京都大田区在住N様)
父は入院しがちで母の言いなりです。

健康だった昔から母は性格の優しい父に厳しく当たり言葉の暴力は子供の頃から耐えがたいものでした。

実は元々実家があった土地が8年前に火事で焼失してしまい、取り壊してしまったあとは青空駐車場として収入を得ておりました。

後で聞いたのですが、先日その土地を父の代理人として母が勝手に売ってしまったそうです。

私たち兄妹(兄、私)にはそれぞれ300万ずつ渡すと言ってきたのですが、どう見ても5000万円以上では売れたはずです。(税金の事は分かりませんが、もし5000万円で売れたのなら私と妹で1250万円もらえたはずです。)

挙句の果てに遺産は生前に相続放棄をしろと言ってきてます。

300万というのはあまりに理不尽な数字で、母は私達子供が成人したあとに再婚した後妻なんで血の繋がりはありません。

まだ土地の引き渡しまでは終わっていないみたいです。

どうにか契約破棄にできないでしょうか?

このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか。
菱田 徳太郎司法書士の回答

(菱田司法書士事務所所長)

大変な問題ですね。

いくら配偶者でも勝手に夫の不動産を売却できません。

このようなことは、しっかりした不動産仲介業者や司法書士が取引に関与していれば防げるはずです。

勝手に母がやっているということを不動産業者や司法書士に伝えれば取引を解除できるかもしれませんので、まずは連絡してください。

そして、お父様にも、不動産処分についてしっかり本心をお話しいただくことが必要です。

違約金などが発生する可能性もありますが、まずは連絡してください。

また、相続する権利は生前に放棄することはできませんし、母にとやかく言われることではないので、ご自身が納得するように権利を行使してください。

補足ですが、相談者様のような親族構成ですと、お父様に万一のことがあった後、相続による紛争が発生する可能性が高いです。

お父様に遺言書をご用意していただくことを強くおすすめします。

当センターにご相談の上、様々な角度から考えられた遺言書を作成してください。

遺言書は思いのまま書き綴っても紛争予防になりません。

ご相談お待ちしております。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月20日(木) 16:15~16:45

「外国人雇用のススメ」

[ゲスト] 石塚毅(株式会社求人)

→視聴方法、過去放送分はこちら