電話相談
> >

悪質な家賃滞納者で困っています。

(東京都渋谷区在住U様)
最近親から相続しました。

アパートを経営しています。

悪質な家賃滞納者で困っています。

恥を忍んで相談しますが、実は家賃を5年滞納されています。

滞納額はうん百万円です。

うちもこの5年間、何もしていない訳ではありません。

督促の通知もしましたが、払ってくれる日を決めても平気で約束を破ります。

何度も何度誓約書を書いてもらっても約束を守ってくれません。

支払ってくれないので、しつこく声を掛けると逆切れされてしまいました。

殴られそうな勢いで怒鳴られたので、それ以降怖くて近寄れません。

最近変な事件もありますから出ていって欲しいとは怖くて言えません。

督促状も今まで何度も内容証明郵便でで送りましたが不在で戻ってきてしまいました。

郵便局員が配達時に居留守で出てくれません。

私がベルを鳴らしても出てくれません。

悔しいですが、滞納金の回収は半分諦めています。

せめて法的な手続きをとって出て欲しいのです。

仮に裁判して勝って強制執行して退去させた場合、報復されそうで怖いです。

そのアパートは私の自宅から歩いてすぐの場所にあります。

滞納者とトラブルなく退去させる方法はないでしょうか?

こちらがお金を支払ってでも出て欲しいことも考えましたが滞納額が大きいのでそれは絶対にしたくありません。

良いお知恵がございましたら教えて下さい。
浅野健太郎弁護士の回答

(弁護士法人ベリーベスト法律事務所代表)

家賃滞納の問題は,賃貸人や管理会社を悩ませます。

お悩みお察し申し上げます。

ご指摘のとおり,立退き料の支払や滞納家賃の免除,引越費用の負担を条件として,早期の立退きを求める方法もありますが,貸主の負担が大きい反面,借主にこのような提案したとしても確実に退去するとは限りません。

最悪の場合,立退き料等を支払ったのになお借主が退去してくれないという事態にもなりかねず,トラブルが長期化する可能性すらあります。

滞納者とトラブルを避け,かつ,早期の明渡し及び滞納家賃の回収をするには,訴訟を提起し勝訴判決を得て,強制執行によって解決を図るのが一番です。

一刻も早く退去してもらいたいという思いから,はやる気持ちは理解できますが,法律・判例上自力救済は禁止されているので,鍵を交換する等して強制的に退去させることはできません。

そして,滞納者とのトラブルのリスクを最小限にするためには,上記手続きは全て弁護士に一任されることが一番です。

なぜなら,弁護士に依頼すれば手続きは全て弁護士がしますので,ご質問者様が借主と直接交渉するなどということはないからです。

建物の明渡しを弁護士に依頼された場合,弁護士は,まず滞納している家賃を一括で支払うように催告し,その支払がないときは賃貸借契約を解除する旨の解除通知を出します。

この通知によっても滞納家賃の支払いがなく,任意の明渡しがなされない場合は,訴訟提起します。

そして,勝訴判決を得られれば,明渡しの執行申立てを行い,執行官が明渡しの催告をし,それでも退去しない場合には,明渡しの断行を求めることになります。

それでも借主からの報復があるという場合,例えば,相手方が,脅してきたような場合には脅迫罪(刑法222条)が,暴力を振るってきたような場合には暴行罪(刑法208条)や傷害罪(刑法204条)成立します。

このような場合には警察に申告しましょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら